■現在位置■ 交通事故 後遺障害認定 大阪.comトップページ > 受任〜解決の流れ

受任から解決の流れ 〜ページ目次〜

ステップ1 無料相談受付

ステップ2 ご契約

ステップ3 サポートの開始

ステップ4 後遺障害等級認定の申請、異議申立

ステップ5 後遺障害等級等級の確定

ステップ6 損害賠償請求の開始

ステップ7 解決

ステップ1 ご契約

ご依頼をご希望の方も、まずは初回無料相談をご利用ください。

初回無料相談は、ご依頼に際して行うヒアリングの面談も兼ねております。

初回無料相談のご予約方法等、詳細は「初回相談について」のページをご覧ください。

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ2 ご契約

面談相談では、可能な限りのアドバイスをさせて頂きます。また、ご依頼ご検討されている方には、当事務所の業務内容、費用等をご案内致します。

その上で、当司法書士・行政書士事務所へのご依頼を頂ける場合は、当司法書士・行政書士事務所とご契約をさせて頂きます。

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ3 サポートの開始

契約をさせて頂きましたら、早速サポートを開始いたします。

サポートの内容は、ご依頼者の状況によって千差万別ですが、後遺障害等級認定の取得に向けて、全力を尽くします。異議申立ご依頼の場合も同様です。

相手方任意保険会社とのやり取りや、医療明細書のチェックなど、ご依頼者様に直接見えないお仕事内容も多くございますが、ご依頼者様とご一緒に行うお仕事としては、後遺障害等級認の申請自体ももちろんですが、申請までに、定受傷部分の検証、診断書・医証の検証、通院方法のアドバイス、病院同行など、状況に合わせて様々なことを行い、二人三脚で後遺障害等級の認定を目指します。

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ4 後遺障害等級認定の申請、異議申立

症状固定後、準備が整い次第、後遺障害等級認定の申請を行います。

異議申立ご依頼の方は、異議内容の検証、医証の確保ができ次第、異議申し立てを行います。

審査にかかる時間は、事案によって大きく異なりますが、標準的には2ヵ月前後の時間がかかります。

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ5 後遺障害等級の確定

後遺障害等級の認定結果が出ましたら、自賠責より保険金額が振り込まれます。

後遺障害等級の認定結果に不服がある場合は、異議申立を検討します。

後遺障害等級のの確定によって、交通事故による損害賠償請求の前半戦が終了し、後半戦が始まることになります。

(損害賠償請求の前半戦、後半戦の考え方については「交通事故の損害賠償の仕組」をご覧下さい)

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ6 損害賠償請求の開始

後遺障害等級が確定することによって、ご依頼者様が交通事故によって被った損害の全体額を算出することができますので、当事務所の司法書士から、または弁護士をご紹介させて頂き、損害賠償請求を行います。交通事故による損害賠償請求の後半戦が始まります。

賠償額は「任意保険基準」ではなく、より適正な基準である「裁判基準」での解決を目指します。

(損害賠償請求の前半戦、後半戦の考え方については「交通事故の損害賠償の仕組」をご覧下さい)

↑ページ先頭に戻る↑

ステップ7 解決

損害賠償請求により、損害金が支払われましたら、事件の終了となり、事件解決となります。

損害賠償請求により、損害金が支払われましたら、事件の終了となり、事件解決となります。

↑ページ先頭に戻る↑

ご依頼・ご相談・お問合せについて

ご依頼・ご相談・お問い合わせについては、当サイトの最上部記載の電話番号にお電話を頂くか、こちらのメールフォームをご利用ください。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

●交通事故お悩み解決情報●

解決情報メニュー

交通事故による損害賠償の仕組

なぜ後遺障害等級認定が重要か

専門家の関与の重要性

保険屋は味方ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

自賠責について

交通事故による損害賠償の仕組

交通事故による損害賠償の仕組

==内容==

・交通事故による損害賠償の概略

・極損害

・消極損害

・物的損害

・損害賠償請求の前半戦と後半戦

なぜ後遺障害等級認定が重要か

なぜ後遺障害等級認定が重要か

==内容==

・後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

・後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

・事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

・専門家を関与させて被害者請求を!

専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性

==内容==

・等級の審査機関は否定的に審査します

・受傷時期からの専門家の関与が重要です

保険屋は味方ではありません

保険屋は味方ではありません

==内容==

・加害者側の保険会社の立場

・保険屋のとんでもない対応の事例

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

==内容==

・医者には後遺障害等級認定の知識はありません

・症状固定の判断をしない医者もいます

自賠責について

自賠責について

==内容==

・後遺障害別等級表(後遺障害保険金額、労働能力喪失率一覧))

・部位別等級表

・等級の併合、相当、加重について

・治療費、休業損害、慰謝料など傷害による保険金額。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

サイトマップ

相互リンク