■現在位置■ 交通事故 後遺障害認定 大阪.comトップページ > 専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性 〜ページ目次〜

等級の審査機関は否定的に審査します

受傷時期からの専門家の関与が重要です

等級の調査機関は否定的に審査します

交通事故による受傷により後遺症が残った場合、「後遺症による損害」を上乗せでき、そしてこの「後遺症による損害」の金額は非常に大きい金額なります。さらには「後遺症による損害」を損害として請求するには、その前提として後遺障害等級の認定が必要になります。これらのことは、等級認定による賠償金額の差額等の具体例も紹介した解説を「なぜ後遺障害等級認定が重要か」のページにて掲載しておりますので、是非ご参照ください。

なぜ後遺障害等級認定が重要か」をお読み頂けば、後遺障害等級の有無、等級が1段階評価が下がった場合、賠償額にどれだけ大きな金額の差が生じるかご理解頂けるかと思います。

後遺障害等級は、自賠責の調査機関が審査の上、後遺症の程度に応じて、等級を認定します。もちろん一定の基準はありますが、「基本的には認めない方向」で審査をが行われます(もちろん、このことを調査機関は認めないでしょうけども・・・)。

どう考えても、ある等級に該当すると考えられる症状でも、審査資料の揚げ足取りを行い、蟻の一穴から等級を否定しにかかってきます。

異議申立の手続きは残されているとは言え、異議申し立てがあるから、と言って安易に後遺障害等級申請をしてしまうことは危険です。
異議申立は、審査のやり直しではなく、証拠の再提出による再検討を申し立てることです。追加医証のない異議申立は何度申立ようと無駄なのです。

一度申請をあげれば最後、これは取り下げることはできず、以後その申請内容は審査の資料として取り扱われます。申請内容の中に等級に不利な内容があると、これを覆すことはできません。異議申立をしても同様です。

↑ページ先頭に戻る↑

受傷時期からの専門家の関与が重要です

後遺障害の等級は、受傷部位それぞれに、症状の程度に対応した等級が定められており、その各等級には部位ごとに、等級を認定するための要件が定められています。

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません」にて詳しく解説しておりますが、医者は後遺障害等級の要件などは、まったく無知です。

後遺障害等級認定の申請で、重要な添付書類の1つである「後遺障害診断書」は、最終的には医者が作成するのでが、等級要件に必要な検査をそもそもしていなかったり、等級認定に必要な記載がなかったり等、適当に後遺障害診断書が作成されていることも少なくありません。むしろ障害等級の専門家が関与せずに作成された後遺障害診断書は、後遺障害等級の観点から見れば不適当なものがほとんどと言ってよいでしょう。
仕方がありません。医者は後遺障害等級の専門家ではなく、被害者の体を治療する専門家だからです。
このような不適切な後遺障害診断書を申請にあげてしまえば最後、狙った等級の認定は難しいと考えて頂きたいと思います。

上記に述べたとおり、事実上、1発勝負の後遺障害等級の申請に関して、必要な検査、通院の方法、MRI等の画像確認、後遺障害診断書のチェック、その他数々の書類や医証に1つでも等級認定に否定的な内容が含まれていたら、調査機関は、そこから等級を否定しにかかってきます。

後遺障害等級の受傷部位によっては、通院の内容まで審査の目が入ります。
通院の方法ですら誤った方法を行っていれば、等級は難しくなる場合があります。このような場合は、時間は巻き戻せませんから、等級を諦めざるを得ない場合もあります。
交通事故被害者の後遺症を適切な後遺障害等級に導くには、受傷時期からの専門家の関与が非常に重要であると考えます。

当司法書士・行政書士事務所は、後遺障害等級の専門家として、ご依頼者様の後遺症を適正な後遺障害等級に導くべく、日々業務に従事しております。
相談は無料ですので、是非、勇気を出してご相談頂きたく思います。

↑ページ先頭に戻る↑

ご依頼・ご相談・お問合せについて

ご依頼・ご相談・お問い合わせについては、当サイトの最上部記載の電話番号にお電話を頂くか、こちらのメールフォームをご利用ください。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

●交通事故お悩み解決情報●

解決情報メニュー

交通事故による損害賠償の仕組

なぜ後遺障害等級認定が重要か

専門家の関与の重要性

保険屋は味方ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

自賠責について

交通事故による損害賠償の仕組

交通事故による損害賠償の仕組

==内容==

・交通事故による損害賠償の概略

・極損害

・消極損害

・物的損害

・損害賠償請求の前半戦と後半戦

なぜ後遺障害等級認定が重要か

なぜ後遺障害等級認定が重要か

==内容==

・後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

・後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

・事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

・専門家を関与させて被害者請求を!

専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性

==内容==

・等級の審査機関は否定的に審査します

・受傷時期からの専門家の関与が重要です

保険屋は味方ではありません

保険屋は味方ではありません

==内容==

・加害者側の保険会社の立場

・保険屋のとんでもない対応の事例

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

==内容==

・医者には後遺障害等級認定の知識はありません

・症状固定の判断をしない医者もいます

自賠責について

自賠責について

==内容==

・後遺障害別等級表(後遺障害保険金額、労働能力喪失率一覧))

・部位別等級表

・等級の併合、相当、加重について

・治療費、休業損害、慰謝料など傷害による保険金額。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォ
ームから!

サイトマップ

相互リンク