■現在位置■ 交通事故 後遺障害認定 大阪.comトップページ > なぜ後遺障害等級が重要か

なぜ後遺障害等級が重要か 〜ページ目次〜

後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

事例2:右腕骨折による関節機能障害で「12級」と「10級」との損害額の差

専門家を関与させて被害者請求を!

後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

交通事故の損害は、受傷から完治するまでの間の損害が通常損害(法律の用語ではありません。便宜的に呼称しております)となります。

完治しなかった場合、つまり後遺症が残った場合はどうなるのか??

後遺症が残るということは、治療継続した上で、完治の見通しがつかず、これ以上は良くならないと判断された場合です。完治しない状態のことを「症状固定」と言い、症状固定と判断された日を「症状固定日」と言います。

つまり、受傷から完治の日、または症状固定日までが通常損害となり、原則として、完治した場合は「通常損害」のみ、後遺症が残った場合は「通常損害」に「後遺症による損害」がプラスアルファーされます。

後述しますが、プラスアルファーといっても、程度の差はありますが、金額的には非常に大きな額になることがほとんどです。

(交通事故による損害賠償の仕組の詳細は「交通事故による損害賠償の仕組」をご覧ください)

↑ページ先頭に戻る↑

後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

業務内容のご案内」や「交通事故による損害賠償の仕組」のページでも解説しておりますが、後遺症は後遺障害等級の認定がされることにより、立証等の観点から現実的な損害として認識できるようになります。逆にいえば、等級の認定がなければ、後遺症の損害を請求することは難しいとも言えます。(後遺障害等級がなくとも後遺症の損害を請求することは可能ですが、立証のハードルは非常に高いものになります。)

後遺症が後遺障害等級に認定されると、結果として、これが損害として認識され、上記で述べたとおり「後遺症による損害」が損害額にプラスされるようになります。後遺症による損害とは「後遺障害慰謝料」と「後遺障害による逸失利益」です。

後遺障害等級がなぜ重要かと言うと、交通事故による損害のうち、「後遺症による損害」が非常に大きい金額になるため、争いになりやすく、これを加害者(の保険会社)及び裁判所に対する立証の観点から後遺症を後遺障害等級の認定をさせることが必要となるのです。もっと簡単に言えば、後遺症による損害を請求するためには、その前提として後遺障害等級が必要である、とも言えます。もっと端的に言うと、もらえる金額にかなりの差が出ます後遺障害等級の認定の有無、等級に1段階差が出るだけで、手元に入る金額が数百万、場合によっては数千万もの差が出る場合もあります。

後遺症が後遺障害等級に認定されると1級から14級までの等級に分類されます。等級に該当しないとの自賠責の判断のことを非該当と言います。

次の項にて、等級の違いで損害額にどれだけの差額が出るのか、具体的に比較してみましょう。
ここでは、上記で言う「通常損害」は無視し、「後遺症による損害」のみを計算することとします。
また、後遺障害等級が認定されると自賠責からも各等級ごとに定められた保険金額が支払われますが、自賠責の保険金は基本的に損害の一部に補填されるものですから、以下では後遺症による損害の損害額総額に関してご紹介することとします。
(自賠責については「自賠責について」のページをご覧ください。)

↑ページ先頭に戻る↑

事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

例えば、年収600万円の35歳のサラリーマン男性が、交通事故に遭い、むちうち症の後遺症が残ったものとします。また、この男性に過失はなかったものとします。
(注)本事例では、「通常損害」は無視し、「後遺症による損害」のみを計算しております。また、あくまで参考基準額の一例としてご参照ください。様々な事情で増額または減額が考慮されることになります。

後遺障害慰謝料
・等級なし(非該当含む)・・・0円
・14級・・・・・・・・・・・110万円

後遺障害による逸失利益
・等級なし(非該当含む)・・・0円
・14級・・・・・・・・・・・80万円
(むちうち症の場合、労働能力喪失期間は14級程度では2年から5年とされており、本事例では3年として計算しました。)

上記の合計
・等級なし(非該当含む)・・・0円
・14級・・・・・・・・・・・190万円

★後遺障害等級で最も低い等級である14級で、しかもむちうち症という労働能力喪失期間が通常よりも短い期間とされるケースでも、等級なしと14級とでは約190万円もの差額が出ることになります。

↑ページ先頭に戻る↑

事例2:右腕骨折による関節機能障害で「12級」と「10級」との損害額の差

例えば、年収600万円の35歳のサラリーマン男性が、交通事故に遭い、右腕を骨折して関節に機能障害の後遺症が残ったものとします。また、この男性に過失はなかったものとします。
(注)本事例では、「通常損害」は無視し、「後遺症による損害」のみを計算しております。また、あくまで参考基準額の一例としてご参照ください。様々な事情で増額または減額が考慮されることになります。

後遺障害慰謝料
・12級・・・280万円
・10級・・・530円

後遺障害による逸失利益
・12級・・・約1300万円
・10級・・・約2500万円

上記の合計
・12級・・・・・・・・・・・1580万円
・10級・・・・・・・・・・・3030万円
・等級なし(非該当含む)・・・0円(参考)

★上肢関節の機能障害は、程度に応じ12級、10級、8級の各等級に認定されます。
「非該当」と「12級」の差は約1580万円、「12級」と「10級」の差は1450万円となります。
上肢関節障害で、非該当と12級の差を見てみると、後遺障害等級の「有」「無」だけで損害額に1580万円の差額が出ることになりますし、12級と10級の差の場合は、等級が1つ低く判定されただけでも1450万円もの差が付くことになります。
「後遺症による損害は非常に大きくなる」ということがよく理解頂けると思います。

↑ページ先頭に戻る↑

専門家を関与させて被害者請求を!

上記のように、該当なしと等級が認定された場合の損害金額の差は歴然としてますし、受傷箇所の等級が1段階変わるだけでも損害額の差は非常に大きいものになります。

異議申立のご依頼について事案を検討してみると、様々な事情で、認定されるべき等級が認定されずに非該当と判断されていたり、本来認定されるべき等級が低い等級で認定されていることもあります。
(一度判断が下りてしまうと、異議申立で認定等級を取得、または上位等級を取得する場合は、かなりハードルが高いものとなります。)

後遺障害等級の認定申請は、適正な等級の認定が取得できますよう、是非、専門家を関与させて、被害者請求にて申請することお勧め致します。
決して、保険会社任せで、事前認定をすることのないようにお勧め致します。

(専門家関与の重要性については「専門家の関与の重要性」のページをごご覧ください。)
(保険会社によってなされる等級の事前認定の害悪については「保険屋は味方ではありません」をご覧ください。)

↑ページ先頭に戻る↑

ご依頼・ご相談・お問合せについて

ご依頼・ご相談・お問い合わせについては、当サイトの最上部記載の電話番号にお電話を頂くか、こちらのメールフォームをご利用ください。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

●交通事故お悩み解決情報●

解決情報メニュー

交通事故による損害賠償の仕組

なぜ後遺障害等級認定が重要か

専門家の関与の重要性

保険屋は味方ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

自賠責について

交通事故による損害賠償の仕組

交通事故による損害賠償の仕組

==内容==

・交通事故による損害賠償の概略

・極損害

・消極損害

・物的損害

・損害賠償請求の前半戦と後半戦

なぜ後遺障害等級認定が重要か

なぜ後遺障害等級認定が重要か

==内容==

・後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

・後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

・事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

・専門家を関与させて被害者請求を!

専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性

==内容==

・等級の審査機関は否定的に審査します

・受傷時期からの専門家の関与が重要です

保険屋は味方ではありません

保険屋は味方ではありません

==内容==

・加害者側の保険会社の立場

・保険屋のとんでもない対応の事例

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

==内容==

・医者には後遺障害等級認定の知識はありません

・症状固定の判断をしない医者もいます

自賠責について

自賠責について

==内容==

・後遺障害別等級表(後遺障害保険金額、労働能力喪失率一覧))

・部位別等級表

・等級の併合、相当、加重について

・治療費、休業損害、慰謝料など傷害による保険金額。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

サイトマップ

相互リンク