■現在位置■ 交通事故 後遺障害認定 大阪.comトップページ > 医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません 〜ページ目次〜

医者には後遺障害等級認定の知識はありません

症状固定の判断をしない医者もいます

医者には後遺障害等級認定の知識はありません

医者は、交通事故被害者の受傷部位を治療することが仕事です。医療行為は医者にしかできないことです。

後遺障害等級の認定申請に際して、添付書類の中に「後遺障害診断書」というものがあります。後遺障害診断書は、医者が記載するものであり、これは後遺障害等級の審査の時に、非常に重要となる書類です。

医者にこの後遺障害診断書をしっかり作成してもらうことが非常に重要になります。

しかし、後遺障害等級の要件を医者が熟知していることは、まずないでしょう。

先程、後遺障害診断書を「しっかり」と作成してもらうことが重要と述べましたが、医者は医療の観点から「しっかり」と後遺障害診断書を作成します。しかし、この後遺障害診断書は、後遺障害等級の認定を取得するために調査事務所に提出し、審査の対象としてチェックされるものです。当然、後遺障害等級の要件を満たすものでなければ意味がありません。診断書は診断書でも、この「後遺障害診断書」は、医療の観点からしっかり作成されることは勿論のこと、後遺障害等級の観点からもしっかり作成される必要があります。職場や学校への提出や、保険会社に保険金支払いのために提出される普通の診断書とは、その役割が異なります。

もちろん医者には医療の観点から後遺障害診断書を作成してもらいますが、後遺障害等級の観点からみると記載に欠けるものが多すぎる場合などは、診断書を作成し直してもらうこともあります。

後遺障害診断書に加筆等をお願いする場合、虚偽の記載を書いてもらうわけではありませんので、快く受けて頂ける医者も多いのですが、これを拒むようなプライドの高い医者もいます。根気よく後遺障害等級の観点から加筆の必要性があることを説く必要があります。

ただ勘違いをして頂きたくないのが、虚偽の記載を書いてもらうことは不可能ですので、「異常なし」を「異常あり」に書き直してもらう事は不可能です。後遺症の事実を後遺障害等級の要件に沿って書いて頂くという趣旨ですので、お間違えのないようにご理解ください。

↑ページ先頭に戻る↑

症状固定の判断をしない医者もいます

医者は、治療することがお仕事です。最終的な治療の目的は受傷者の受傷部位を完治させることです。

後遺障害等級の認定申請をするということは、後遺症が残ったことを意味し、これは治療の最終的な目標である完治ができなかったことを意味します。

ある種、後遺障害等級の認定申請と医者の治療行為は、その終局的な目標が異なると言ってよいかもしれません。

治らないのに治療続けることは無意味です(状態維持のための治療やリハビリは除きます)。これは医者も十分認識している事ですので、一般的には、適切な時期に症状固定の判断がなされることがほとんどです。

しかし、一部の医者は、症状固定は「完治ができない=医者の力不足」であると間違った認識でもって、いつまでも症状固定の判断ができずに、ずるずる治療を続けてしまう医者も存在します。

適切な時期に症状固定の判断ができない場合は、後遺障害等級の認定に不利に働くことが少なくありませんので、このような医者に対して、適切な時期に症状固定の判断を仰ぐことも重要になります。

こられのように、医者の行為は、医療はプロでも、後遺障害等級の観点からみる不足していることが数多くあり、医者との調整不足が等級認定に影響したケースも少なくありませんので、後遺障害等級の専門家が医者の治療等の行為を後遺障害等級に向けてチューニングする工程が非常に重要であると考えます。

↑ページ先頭に戻る↑

ご依頼・ご相談・お問合せについて

ご依頼・ご相談・お問い合わせについては、当サイトの最上部記載の電話番号にお電話を頂くか、こちらのメールフォームをご利用ください。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

●交通事故お悩み解決情報●

解決情報メニュー

交通事故による損害賠償の仕組

なぜ後遺障害等級認定が重要か

専門家の関与の重要性

保険屋は味方ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

自賠責について

交通事故による損害賠償の仕組

交通事故による損害賠償の仕組

==内容==

・交通事故による損害賠償の概略

・極損害

・消極損害

・物的損害

・損害賠償請求の前半戦と後半戦

なぜ後遺障害等級認定が重要か

なぜ後遺障害等級認定が重要か

==内容==

・後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

・後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

・事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

・専門家を関与させて被害者請求を!

専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性

==内容==

・等級の審査機関は否定的に審査します

・受傷時期からの専門家の関与が重要です

保険屋は味方ではありません

保険屋は味方ではありません

==内容==

・加害者側の保険会社の立場

・保険屋のとんでもない対応の事例

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

==内容==

・医者には後遺障害等級認定の知識はありません

・症状固定の判断をしない医者もいます

自賠責について

自賠責について

==内容==

・後遺障害別等級表(後遺障害保険金額、労働能力喪失率一覧))

・部位別等級表

・等級の併合、相当、加重について

・治療費、休業損害、慰謝料など傷害による保険金額。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

サイトマップ

相互リンク