■現在位置■ トップページ

はじめに

当ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

当ホームページをご覧になられているということは、交通事故に遭われ、お悩みになられていることと思います。

この度の交通事故に関し、心からお見舞い申し上げます。

当ホームページを運営しております当司法書士・行政書士事務所は、交通事故に遭われた被害者様からのご依頼を承り、ご依頼者様と二人三脚で交通事故に関するお悩みを解決しております。

まず最初に1番伝えたいこと!!

交通事故のお悩みを解決するにあたり、お伝えしなければならないことは沢山ありますが、まず初めにお伝えしたことがあります。

なるべく早く専門家にご相談ください!

当司法書士・行政書士事務所では、交通事故の後遺障害等級認定の申請及び損害賠償請求等、交通事故に関する諸問題を解決するために、日々業務を行っております。
交通事故被害の損害賠償請求額を算定するにあたり、後遺障害等級認定を取得できるか否かによって、その賠償額はかなりの差が生じます。

時間は巻き戻せません。

後遺障害等級認定の取得に関しては、症状固定までの過ごし方も重要な要素になってきます。 特にむちうち症などの神経症の後遺症に関して後遺障害等級認定の申請を行う場合は、重要になります。

症状固定後に、後遺障害等級認定を取得したい、とご相談があり、事故のことやその過ごし方などお伺いしたところ、残念ながら今回は後遺障害等級認定の取得は難しい旨をご回答せざるを得ないケースが少なからずあります。

交通事故による受傷をされましたら、なるべく早く、できれば2か月以内にはご相談いただきたいところです。

もちろん、2ヵ月を経過したからダメというわけではなく、また、症状固定後の相談だからダメと申し上げているわけではありません。しかし、もし後遺障害等級認定の審査にあたりマイナス要素がある過ごし方をなされている場合、過去に戻ることはできませんから、マイナス要因をかかえながら後遺障害等級認定の申請を行うことになります。場合によっては先述致しました通り、後遺障害等級認定の申請自体を諦めなければならない場合もあるでしょう。

ですから、1日でも早く、専門家へのご相談をお願いしたいと思っております。
交通事故のお悩みの最善の解決方法は、できるだけ早く専門家へ相談することが、最良最短の道であると考えております。

このようなご相談にお応えするために、当司法書士・行政書士事務所は、このホームページを作成し、交通事故被害者の救済に取り組んでおります。 当司法書士・行政書士事務所へのご相談でなくともよいですので、1日でも早く専門家にご相談をして頂きたいと思います。

そういった中で、当司法書士・行政書士事務所をご指名頂ければ、これほど有難いことはありません。 お役に立てますよう、当司法書士・行政書士事務所一同、交通事故問題の解決に向けて、精一杯の取り組みをさせて頂く所存でございます。

最後にもう一度申し上げます。時間は巻き戻せません。できるだけ早く専門家へご相談くださいますようご検討くださいませ。

代表司法書士行政書士サイン

お知らせ

ご依頼・ご相談・お問合せについて

ご依頼・ご相談・お問い合わせについては、当サイトの最上部記載の電話番号にお電話を頂くか、こちらのメールフォームをご利用ください。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

●交通事故お悩み解決情報●

解決情報メニュー

交通事故による損害賠償の仕組

なぜ後遺障害等級認定が重要か

専門家の関与の重要性

保険屋は味方ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

自賠責について

交通事故による損害賠償の仕組

交通事故による損害賠償の仕組

==内容==

・交通事故による損害賠償の概略

・極損害

・消極損害

・物的損害

・損害賠償請求の前半戦と後半戦

なぜ後遺障害等級認定が重要か

なぜ後遺障害等級認定が重要か

==内容==

・後遺症が残ると損害額に後遺症による損害がプラスされます

・後遺症を後遺障害等級に認定させる重要性

・事例1:むちうち症で「等級なし」と「14級認定」との損害額の差

・専門家を関与させて被害者請求を!

専門家の関与の重要性

専門家の関与の重要性

==内容==

・等級の審査機関は否定的に審査します

・受傷時期からの専門家の関与が重要です

保険屋は味方ではありません

保険屋は味方ではありません

==内容==

・加害者側の保険会社の立場

・保険屋のとんでもない対応の事例

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

医者は治療の専門家であって、法律の専門家ではありません

==内容==

・医者には後遺障害等級認定の知識はありません

・症状固定の判断をしない医者もいます

自賠責について

自賠責について

==内容==

・後遺障害別等級表(後遺障害保険金額、労働能力喪失率一覧))

・部位別等級表

・等級の併合、相当、加重について

・治療費、休業損害、慰謝料など傷害による保険金額。

無料相談!まずはお気軽にお電話ください!大阪兵庫京都和歌山近畿一円対応!メールでの相談はこちらのメールフォームから!

サイトマップ

相互リンク